予防

歯科医での虫歯治療前に必ず聞かれる「保険適用内か」「適用外もOK」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
歯医者の受付で聞かれる保険について

はじめて通院する歯科医では、まず問診票への記入があります。

その用紙の最後の方には、「保険適用内での治療を希望(保険診療)と「保険適用外の治療もしたい(自由診療が可能)」と2者選択を問われる項目があります。

大抵の場合は、保険適用内(保険診療)でなるべく安く済ませたいと思うでしょう。もし保険適用外で治療をすると、何十万もの治療費がかかりそうだと誰もが直感するのです。

でも何が適用内で何が適用外かもあまり知らずに、ただ、安くしたいと思っているとしたら…。本当にいいのでしょうか。今回は、虫歯治療における保険適用について調べたいと思います。

1.歯科医院にいける保険適用とは?

1-1.保険が適用される治療について

保険が適用される治療(保険診療)とは、健康保険の範囲内の治療を受けた場合に、患者側の費用負担が0~3割で受けられる治療です。
(行政区によって子供の医療費助成がある場合、無料の場合があるため、また、高齢者の医療費負担は2割)

つまり、どなたでも平等に同じ費用で悪くなった歯を噛めるようにすることを目的とした治療に適用されることです。

■保険診療のメリット

  • 治療費用の負担が少ない(通常の成人は3割負担)
  • 基本的には、どこの歯科医院で治療を受けても、一定の費用で治療が受けられる

■保険診療のデメリット

  • 治療方法や材料、回数に制限がある
  • 制限された材料の質に問題がある→ここが一番気になるところ

※注意点

健康保険などの公的医療保険に加入し、医療機関で保険証の提示が必要です。

※費用の負担は加入する保険によって異なります。

※保険診療は取り扱わず、自由診療のみ行う歯科医院があります。

1-2. 保険適用外の診療(自由診療)とは

保険が適用されない治療(自由診療)とは、歯科医院で独自に決められた治療方法に対して、患者側の費用負担が全額となる治療のことです。
分かりやすく言うと、“銀歯でなくセラミックにする”など見た目を向上させることを目的とした治療に適用されます。

治療の必要な歯であっても、健康な歯であっても、より良い見た目にしたり、噛む機能を向上させる場合には、保険診療の対象外となるのです。

■自由診療のメリット

  • 治療方法や材料の選択肢が増え、希望に近い仕上がりが期待できる
  • 見た目の美しさや噛む機能の追求ができる
    →矯正歯科治療、審美歯科治療など
  • 最新の高度な治療が受けられること

■自由診療のデメリット

  • 費用の負担が大きい
  • 歯科医院の独自の治療方法により、他医院と治療内容・費用の比較ができない

2.治療費はどれくらい違うのか?虫歯治療の被せ物で比較

歯科医院での治療では、虫歯部分を削り、その後に詰め物をします。

詰め物(インレー)、被せ物・差し歯(クラウン)、土台(コア)と呼びますが、どのくらいの差がでるのでしょうか。

■詰め物の場合(料金の目安)

  • 金銀パラジウム合金(保険適用):2,100円〜2,700円(3割負担)
    銀歯と呼ばれるもので銀色です。粘りがない性質のため、詰め物の縁が欠けやすく、適合性が少し劣ります。金属アレルギーが起こることがあります。
  • ゴールド(保険適用外):40,000円
    いわゆる金歯です。歯とよくなじみ、適合性もよいため、虫歯が再発しにくいのが特徴です。貴金属ですので変色しにくく長持ちします。
  • ハイブリッドセラミック(保険適用外):40,000円
    従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩擦による摩耗を改善しています。銀歯のような金属の目立ちもなく、審美性にも優れています。レジンとセラミックの中間程度 の材質であるため、4~5年で変色する場合があります。また、セラミックと比較して臭いを発しやすく、精度も落ちます。
  • オールセラミックインレー (保険適用外):60,000円
    見た目にも自然な歯の色に近いのが特徴です。また、歯の変色や摩擦がおきず、臭いも発生しません。

口を開けた時に、銀色の詰め物が目立つことがあります。
これが、保険適用の範囲内で治療した後だとはっきりと分かります。

それに比べ、セラミックの詰め物は、あまり目立ちません。
とくに、ご職業で接客をされる方や、女性の方は、この銀色の詰め物はノーサンキューとなることが多そうですね。

ちなみに上記の治療費の目安は、1本当たりです。
奥歯の治療のたびに、1本4万〜6万円。上下左右で2本ずつ治療した場合、4万円×8本=32万円。

審美というものはお金がかかるというのが現実のようです。

3. 最近注目されている「予防治療」にも、保険が適用されません

3-1.歯科院での「予防治療」PMTCも適用外の自由診療です

PMTC(ピーエムティーシー:Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる「予防治療」があります。

日常の歯ブラシでしっかりと磨いているつもりでも、歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯の細かい溝に付着した汚れや歯垢(プラーク)はなかなか除去できません。この磨き残した汚れが虫歯や歯周病の原因となります。

そこで、歯医者さんが専用機器を使って、歯垢(プラーク)をきれいにクリーニングしてくれる治療のことをPMTCと呼び、虫歯予防には優れた効果を発揮するでしょう。

しかしながら、PMTCは残念ながら保険の適用外です。
なんと、日本の保険制度では、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための「予防治療」には保険が適用されないからです。

※PMTC治療は、現在日本では健康保険が使えません。

日本の保険制度では、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための「予防治療」には保険が適用されないからです。そのため、PMTC治療は、健康保険外の「自費診療」となります。

歯科医院によって違いますが、相場観として、その費用は1回1万円くらいと考えておいてください。

まとめ

健康保険適用内の「保険診療」と、適用外の「自由診療」。
虫歯を安く治療したいと思うのは、当たり前といえば当たり前です。

しかし、安いからこそ、その素材は完璧なものではありません。
しかも、予防治療には、保険が利かないという日本の歯科医療の現実も浮き上がってきます。

それは、社会人になると受ける健康診断も、じつは保険の適用外だということです。治療ではない、ということで保険が利かないのです。

ですので、やはり、しっかりとした虫歯予防の知識を身につけ、「保険内がすべて」という概念をもう一度見つめ直し、保険適用外でも「虫歯予防治療」という選択肢があるということを認識していきたいものです。

ちょっと待って!! 未来歯科の見解もお読みください!

虫歯の治療は「保険適用内」か「保険適用外」と聞かれますと、全ての虫歯の治療は保険適用でも適用外でもあります。

これはどういうことかと言うと、金銭的な問題、治療に使用する材料の問題だけで、この虫歯の治療をどうするかということで決まってきます。

白い歯にする、とか黒い歯にするとかという話であって、金額の問題だけによっておこります。

それから、あとは時間的な制約によって、保険適用内か保険適用外かが決められてきます。
通常、保険治療は5分4,000円~5,000円の単位で動いていますので、その金額に見合った治療が要求されるようになります。

ですから、長い時間をかけたような治療法というのはあまり認められない訳ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*