未分類

子供の虫歯や歯周病予防の救世主!PMTCをご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
子供の虫歯予防と歯周病予防

日本では、一般的に、歯医者さんは、虫歯になったら行くところというイメージがあります。お子様の場合も、学校で虫歯と診断されて「えっ」と驚かれる親御さんもいます。「毎日ちゃんと磨かせているのに?」。お子様の口の中をちゃんと見ていたつもりなのに、「どうしてウチの子が…」とがっかりされる親御さんもいるかもしれません。それならば、虫歯になる前に、歯医者さんへ行きましょう。最近の歯医者さんでは、歯周病や虫歯の予防にとても役に立つ「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)をやっているのです。
今回は、まだまだ知られていない虫歯予防の「PMTC」についてお伝えします。


1. 虫歯予防の救世主!?「PMTC」とは

1-1. 「PMTC」は、簡単に言うと歯のクリーニングです

「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、毎日のご自宅での歯磨きで落ちきらない歯の汚れを、歯医者さんが専用機器を使ってきれいにクリーニングしてくれることです。

しっかり磨いているはずなのに、知らず知らずに磨き残してしまった部分や、歯ブラシでは届かない歯と歯肉の間の歯の根の部分があります。

こうしたところを、歯医者さんがきれいに磨き上げて汚れを取り除いてくれるのです。あの痛々しい歯石除去の治療とは異なり、あくまでも心地よい範囲の刺激で行なわれると思ってください。

1-2.「PMTC」の特徴は?

通常の歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落とします。具体的には、歯と歯の間、歯ぐきと歯の境目、歯のこまかい溝です。

このような場所にこびり付いた汚れは、歯ブラシで念入りに磨いているつもりでも、磨き残してしまうことが多いのです。こうしたところを磨き上げます。

ですので、虫歯予防には優れた効果を発揮するでしょう。さらに、磨き終わってきれいになったら歯の表面にフッ素を塗ってくれるので歯を強くします。また、削ることはないので、お子様にも痛みがなく、安心といえるでしょう。

1-3.いつもの歯磨きとどう違うのか?

汚れを取って磨く「PMTC」。では、ふだんの自分の歯磨きと、何が違うのでしょうか?あまり大きな違いがないように思いますね。しかし、歯磨きで落とすことができない汚れがあることをご存知でしょうか。

この汚れを、「バイオフィルム」といい、歯にこびりついた状態の細菌の塊で、歯周病や虫歯の温床になってしまいます。そのため、歯医者さんの特殊な研磨剤や、専用機器を使用して磨き落とすことで、虫歯の予防にはとても効果があるのです。

研磨剤(ご自宅でいうと歯磨き粉)には、微粒子研磨ペーストなどを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシなどでキレイに磨き上げていきます。

これにより、いつもの歯ブラシでは落とすことができなかった着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイにこすり落とすことができるのです。

これなら、毎日の歯磨きにプラスして、定期的に「PMTC」を歯医者さんで受けることで、虫歯になる確率を今よりずっと抑えることができるでしょう。大切なお子様の歯を守るために、大事なのは、虫歯になる前の行動なのです。

2.予防歯科の先進国はスウェーデンです

2-1.スウェーデンの歯科事情

じつは、世界で初めて歯科予防の重要性を打ち出したのは、スウェーデンのイエテボリ大学です。今から50年前の、1960年代頃から長期にわたる膨大な調査が行なわれ、対症療法(歯が悪くなってから治療を行う、歯を削って金属をかぶせる)が中心だった当時の歯科治療を、根底からくつがえしたのです。

北欧では、今も、この可能な限り歯を保存する歯科医療が主流となっています。

このイエテボリ大学が出した研究の一番の意義とは…。それは、虫歯や歯周病などあらゆる口腔疾患に最も有効なのは、プラークコントロール(歯垢除去)だと証明したことです。

スウェーデンでは、歯科医院は「歯が痛くなってから行くところ」ではなく、歯の健康管理に歯科医院へいきます。そして「治療が終わればもう行かなくてよい」ではなく、治療が終わった時から歯の健康を維持するために歯科医院との本当のお付き合いが始まるのです。

現在スウェーデンでは、この「PMTC」を子供でほぼ100%、大人でも80%の人が定期的に受けています。国民の大半が「PMTC」を定期的に受けるようになったので、虫歯や歯周病を減らすことができたというわけなのです。

日本はまったくその逆で、保険制度で予防をしてはいけないため、また、予防歯科を行なわない歯医者さんがほとんどですので、やはり早く安い治療を自動的に受けざるをえません。

しつは、かつてのスウェーデンも、虫歯大国といわれる日本より、昭和30年代頃までは、子どもの虫歯の多い国でした。しかし、約30年前に国を挙げて(ここが圧倒的に日本と違います)国民の虫歯根絶に取り組み、それ以来、子どもたちの虫歯は、日本の約10分の1以下に減ったということです。

どうしてスウェーデンは、虫歯や歯周病を減らすことができたのでしょうか。その背景には、この「PMTC」の普及があったと言われているのです。

予防歯科大国で実証されたスウェーデン式の歯科予防法、「PMTC」をぜひとも日本でも取り入れてほしいものです。

ちなみに日本では、「PMTC」保険がきかない自由診療です。歯医者さんによって違いますが、相場観として、その費用は1回1万円くらいと考えておいてください。

※PMTC治療は、健康保険が使えません。

日本の保険制度では、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための「予防治療」には保険が適用されないからです。そのため、PMTC治療は、健康保険外の「自費診療」となります。

2-2.ここが違う、日本の歯科医療!

スウェーデンでは、当たり前の予防歯科。大人でも80%の人が定期的に受けています。しかし、予防歯科の未開国?ともいえる日本ではまだたった0.3%の方々しか予防を行なっていないということです。(地域によっては3%と言われています。)

本来の予防とは、歯科予防に限らず、医療の分野では、これから、治療をしたり、処置をしたりということがあまり起こらないようにすることです。

ならない医療、進行しない病気という今までの医療のはずが、日本の歯科医療は真逆の医療となっているのです。

ちなみに、たとえ、どんなに良い歯(金属やセラミック)を入れても、固定させるセメントの寿命が、通常のもので3年から、5年。特殊なセメントでも10年がやっとです。それ以上、口腔に存在すると、セメントの下の自分の歯が感染を起こす可能性があるということです。

良い状態を保つには定期的な入れ替えも必要ですが、入れ替える度に歯は弱ってしまうといのが、日本の歯科医療の現実です。
ここからはじめる予防歯科の場合、今まで治療をうけてしまった歯に対しては、なるべく長い間処置をしなくても良いようにお手伝いするだけです。

まとめ

日本では、削ったり、抜いたりする外科的、金属を取り替えるという評価の方が高い歯科医療。歯を守るという評価は、全く低いのではないでしょうか。予防、予防と言われても、歯ブラシであったり、歯磨剤であったりと勘違いされている方も多いのです。日本では、予防行為は、自由診療でしか行なっては行けないことになっています。高くつくように思われがちな予防歯科が依然として広まらないのは、「予防歯科」の知識がまったく浸透してないといえるかもしれません。

ちょっと待って!! 未来歯科の見解もお読みください!

PMTCは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングの略で、プロの衛生士が器具や機械を使って歯を綺麗にする方法です。

歯ブラシだけでは取りきれない汚れがあるからこそ必要とされる訳ですが、もっと前の段階、つまり、汚れが歯につきにくい状態をキープしてしまえばPMTCでさえも、ほとんど必要ではなくなります。

そのためには汚れがつきにくい状態になるように、じっくり時間をかけて唾液の状態を変えるクリーニングを行なうことが有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*