未分類

子どもの歯の健康を維持するために絶対に知っておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
虫歯予防で健康な歯を保つ

最近よく耳にする「予防歯科」という言葉。歯ブラシやデンタルリンス、デンタルフロス(歯間ブラシ:歯の間の歯垢を清掃する細い糸)など、歯磨き商品のパッケージなどに表示されているのを目にします。なので、何となく自分でしっかり歯磨きをして虫歯を予防することだと思っていませんか?

「予防歯科」は、まだ日本においてはその程度の認識だということが大きな問題だと気付いて欲しいですね。そこで、今回は、ほとんどの方が何となく知っている「予防歯科」について、知っておきたい基本情報をお伝えします。

1. 「予防歯科」って何か?にお答えします

1-1. 「予防歯科」は、歯科医院を中心に虫歯予防をすることです

え?自分で歯磨きして虫歯を予防するのではない?と思った人もいるでしょう。もちろん、虫歯になってからの治療ではなく、なる前の予防なのですが、自分だけで簡単にできるものではありません。

必ず、検診のために歯科医院に行くことから始まります。

「予防歯科」は、歯の生え始めから、生涯を通じて、虫歯や歯周病などのトラブルから守り、定期的な検診を通じて歯の健康をしっかりと管理することが重要です。

じつは、日本でも2012年に厚生労働省から「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が報告され、この「予防歯科」を推奨する機運が高まっていきたといえるでしょう。

1-2. 歯科医院の予防処置(プロケア)と、歯科医に指導してもらうセルフケア、その両方が大切です

歯科医院での「予防歯科」、つまり、予防処置(予防歯科治療)には、いくつか種類があります。

  •  口腔内検査
    特殊な器具やレントゲンを使って、虫歯や歯周病にかかっていないかを検査します。虫歯などがある場合はまず先に治療します。また、細菌数の計測のために唾液を検査します。
  • PMTC(ピーエムティーシー:Professional Mechanical Tooth Cleaning)
    日常の歯ブラシでしっかりと磨いているつもりでも、歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯の細かい溝に付着した汚れや歯垢(プラーク)はなかなか除去できません。この磨き残した汚れが虫歯や歯周病の原因となります。そこで、歯医者さんが専用機器を使って、歯垢(プラーク)をきれいにクリーニングしてくれる治療のことをPMTCと呼び、虫歯予防には優れた効果を発揮するでしょう。
    ※PMTC治療は、現在日本では健康保険が使えません。日本の保険制度では、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための「予防治療」には保険が適用されないからです。そのため、PMTC治療は、健康保険外の「自費診療」となります。歯科医院によって違いますが、相場観として、その費用は1回1万円くらいと考えておいてください。
  • フッ素塗布
    高濃度のフッ素を歯の表面に塗ります。フッ素には虫歯菌が出す酸に負けない強い歯にする効果があります。フッ素による虫歯予防効果は、世界中で認められており、歯科医院での定期的なフッ素の塗布を推奨します。
  • スケーリング
    スケーラーという器具を使い、歯石の除去を行います。歯石の表面はザラザラしているため歯垢(プラーク)が付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。この歯石を取ることで歯垢(プラーク)が付きにくい状態にします。歯石は、通常の歯磨きでは取る事ができません。また、約9割以上の人にあるといわれています。また、この歯石は一度除去しても。しばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があることに注意してください。スケーリングの間隔は、だいたい3〜6ヶ月に1回位が目安となっています。
    ※ 一般的な歯科医院では、スケーリングは、保険が適用されます。すべての歯をスケーリングした場合、3割負担で、およそ800円〜1000円を目安としてください。
  •  シーラント
    奥歯など、歯垢(プラーク)が残りやすい歯の噛み合わせなどの溝を特殊な樹脂で塞ぎます。フッ素塗布がフッ素の膜によって歯を虫歯から守るのと理屈は同じですが、膜を作る場所と膜にする材料が違うということです。
    ※シーラントは、一般的には子供の第一大臼歯(奥から3番目の永久歯)に施されることが多いです。6歳頃には生え始める子供の第一大臼歯ですが、この時期、まだ子供が自分で満足に歯のケアをすることができないことが多く、虫歯になりやすいこともあり、シーラントは有効といえるのです。

2.日本でも見習いたい、予防歯科の先進国スウェーデン

2-1.予防歯科を世界に広めたスウェーデン

世界で初めて歯科予防の重要性を打ち出したのが、スウェーデンのイエテボリ大学です。今から50年前の、1960年代頃から長期にわたる膨大な調査が行なわれ、対症療法(歯が悪くなってから治療を行う、歯を削って金属をかぶせる)が中心だった当時の歯科治療を、根底からくつがえしたのです。

スウェーデンを中心に、北欧では、現在も、可能な限り歯を保存する予防歯科治療が主流となっています。

このイエテボリ大学が出した画期的な研究結果は、虫歯や歯周病などあらゆる口腔疾患に最も有効なのは、プラークコントロール(歯垢除去)だと証明したことです。スウェーデンでは、歯科医院は「歯が痛くなってから行くところ」ではなく、歯の健康管理に歯科医院へいきます。

さらに、現在スウェーデンでは、予防歯科の画期的な治療のひとつ、「PMTC」を子供でほぼ100%、大人でも80%の人が定期的に受けています。国民の大半が「PMTC」を定期的に受けるようになったので、虫歯や歯周病を減らすことができたというわけなのです。

2-2. 30年前はスウェーデンも日本と同じだった

かつてのスウェーデンも、虫歯大国といわれる日本より、昭和30年代頃までは、子どもの虫歯の多い国でした。

しかし、約30年前に国を挙げて(ここが圧倒的に日本と違います)国民の虫歯根絶に取り組み、それ以来、子どもたちの虫歯は、日本の約10分の1以下に減ったということです。その背景には、この「PMTC」の普及があったと言われているのです。

まとめ

本来の予防歯科は、いわゆる虫歯治療(虫歯になった歯を削ったり、神経を抜いたり、金属を被せたり)をしないようにするためのものです。普段から定期的な歯科医での検診と、予防治療、予防処置(プロケア)を受けることを心がけましょう。

また、毎日歯をみがいていても、虫歯になってしまうことが多いです。自分ではきちんとケアをしているつもりでも、磨き残しができてしまうものです。歯や口の状態は人それぞれ違うので、アイテムの選び方や使い方は歯科医院での相談と指導のもと、一人ひとりにあった「セルフケア」も同時にしっかりと実践していきましょう。

ちょっと待って!! 未来歯科の見解もお読みください!

虫歯の予防は、予防歯科の数ある項目のうちのひとつにすぎません。

予防歯科は、口腔全体、つまり、口の中の筋肉の状態や歯を正常に成長させるための歯科と言えます。

ですから決して虫歯だけの予防ではなく、歯周病、歯並び、発音、消化、鼻呼吸、嚥下にまつわる全ての機能をしっかりと正常に成長させるのが予防歯科なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*