予防

1歳から歯を守る!幼児の虫歯は母子感染に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
幼児の虫歯予防

例えば帰省した実家で、おばあちゃんが可愛い孫を抱いて、ご飯をあげています。なんと微笑ましい光景でしょうか。

しかし、スプーンのおじやをフーフーして、いったん味見して温度を確認。そして、お孫さんに同じスプーンでハイどうぞ。この穏やかな光景の中で、実は、大切なお孫さんへの虫歯菌感染がなされているのです。

ご高齢の方は、この虫歯菌の母子感染(赤ちゃんのそばにいる母親以外の大人も含めます)という事実はまったく知らない方が多いので、ご注意ください。

1. 幼児の虫歯の原因

1-1. 大切なお子様の虫歯の原因は母子感染です

幼児の虫歯の原因は母子感染と言われています。それは、虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいないからです。なぜいないか、それは、虫歯菌(ミュータンス菌)というものは、歯に付着して増殖するので、歯がない赤ちゃんの口の中では生息できないというわけです。

生後6ヶ月頃からは歯が生えて、とても喜ばしい時期ですね。これで、離乳食もどんどんいけると嬉しい時の始まりともいえます。

でも、虫歯菌の感染が同時に始まるのです。そして、幼児食が始まり(砂糖の入ったジュースやおやつが大好きになる時期)、特に1歳7ヶ月(生後19ヶ月:奥歯が生え始める)から2歳7ヶ月(生後31ヶ月:すべての乳歯が生えそろう)までの時期に最も感染し、定着してしまいます。

この時期は、「感染の窓」と呼ばれ、とても注意が必要なのです。虫歯菌(ミュータンス菌)の感染の時期が早いほど、その後に虫歯ができやすい傾向にあります。とくに2歳前に感染すると、お子さんの虫歯の発症リスクがとても高くなってしまいます

1-2.母子感染を防ぐために(1)口移し、食器の共有をやめる

大切なお子様への虫歯菌の母子感染を防ぐには、まず口移しはやめましょう。とくに食べ物をあらかじめ噛んで子供に与える「噛み与え」は絶対にやめましょう。そして、スプーンやお箸はもちろん、お皿やコップなどの食器の共有をやめることが一番です。そして、虫歯菌がうつるという母子感染の事実を、家族を含めたまわりの大人たちが理解する必要があります。赤ちゃんにとってスキンシップは大切ですが、可愛い孫へ、お子様へのキスも、虫歯予防という観点では避けたほうがよいのです。

そして、お母さんをはじめ、お父さん、兄弟も、身近な大人のお口から、できるだけ虫歯菌を減らしておくことも大事なことなのです。また、出来るだけ出産前に虫歯の治療を終わらせておくことが大切です。

1-3.母子感染を防ぐために(2)砂糖を減らす

哺乳瓶やストロー付きの幼児用水筒には、虫歯菌(ミュータンス菌)の大好きな砂糖が入った飲み物(ジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料など)を入れて飲ませないようにしましょう。飲み物は1日に何度も口にするので、それだけ砂糖が口の中に残る状態が続きます。

また、1歳〜3歳までは、食事や間食に砂糖の多く含んだ食品は摂取しない生活をめざしましょう。もちろん毎日の歯みがき、歯科医院でのフッ素塗布などの予防処置をおこなうようにします。また、赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんは、お口のケアもままならないことがあります。産後から、キシリトールの摂取(キシリトールガムを1日に4回噛む)する習慣もオススメです。

(キシリトール)
キシリトールとは、糖アルコールの一つで、天然素材の甘味料です。イチゴやラズベリーなどのベリー類、プラム、レタスやホウレンソウ、カリフラワー等の野菜などにも含まれています。キシリトールは、ミュータンス菌のエネルギーを消耗させるだけでなく、糖代謝を阻害する効果も証明されており、虫歯菌(ミュータンス菌)を活発化させず、虫歯のもととなる酸が発生しづらくなる効果があります。

2. 母子ともに虫歯予防を

もし母親に虫歯があったことがわかれば、歯が生える前からの生後5ヶ月近くから、15歳まで、虫歯の予防とともに口腔の管理を行ってもらい、食事指導、生活習慣の指導などとともに、歯科医院に予防的に通う習慣をつけることが最も確実な治療法のひとつです。

そして、もっともオススメしたいのが、歯科医院を中心に虫歯予防をする「予防歯科」です。虫歯になってからの治療ではなく、なる前の予防です。必ず、検診のために歯科医院に行くことから始まります。この「予防歯科」は、歯の生え始め(お子様の乳歯)から、生涯を通じて、虫歯や歯周病などのトラブルから守り、定期的な検診を通じて歯の健康をしっかりと管理することです。

日本でも2012年に厚生労働省から「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が報告され、この「予防歯科」を推奨する機運が高まっていきたといえるでしょう。

歯科医院の予防処置(プロケア)には、特殊な器具やレントゲンを使って、虫歯や歯周病にかかっていないかを検査する「口腔内検査」、歯医者さんが専用機器を使って、歯垢(プラーク)をきれいにクリーニングしてくれる治療「PMTC」(ピーエムティーシー:Professional Mechanical Tooth Cleaning)、「フッ素塗布」などがあります。ぜひとも歯科医院での予防処置をお試しください。

※PMTC治療は、現在日本では健康保険が使えません。
日本の保険制度では、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための「予防治療」には保険が適用されないからです。そのため、PMTC治療は、健康保険外の「自費診療」となります。
歯科医院によって違いますが、相場観として、その費用は1回1万円くらいと考えておいてください。

まとめ

日本は今でも虫歯大国(虫歯予防後進国)といっていいでしょう。そもそも、歯医者さんへは、虫歯になってから行くものだと思っていませんか?さらに、予防歯科(予防治療、予防処置)では保険が使えなかったり、虫歯の原因を知らなかったり、幼児の歯への虫歯菌の感染原因を知らなかったり。これはとても危険です。

お子様の将来の健康な歯を脅かす常識がそのままだったりするのはとても残念なことです。今からでもけっして遅くはありません。正しい知識の獲得と、ただただ近所というだけの歯科医ではなく、子供の歯をしっかりと考える歯科医院をお探しになることをお勧めします。

ちょっと待って!! 未来歯科の見解もお読みください!

母子感染というと、お母さんと接触しないように!とかいう話になりますが、これがそもそも大きな間違いです。

赤ちゃんに接触するしない以前の話で、お母さんの虫歯や歯周病を減らして早期に赤ちゃんの歯が生える前から予防してください、というのを母子感染と謳っているだけです。

それ以外の何ものでもありません。お母様とお子様と共に母子感染をしている訳ですから共に最初に予防にはいっていただくことが必要ですよということを謳っています。

決して母子感染は怖いとか、そういったことではございません。

また、母子感染といわれますが、おばあちゃんであれば、おばあちゃん感染なのですね。お母さんが予防をしていても、他の方からも感染する可能瀬がありますので気をつける必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*